東大駒場キャンパス周辺・渋谷WESTの地域情報を紹介


by mtejima1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ラブホと校長(10月24日)

円山町といえばラブホテルの街というイメージがある。とはいえ、円山町の半分以上はそんな雰囲気はまったくない。さらに、密集の度合いからするランブリングストリートを挟んで渋谷側の道玄坂2丁目の方がホテル街そのものという感じがする。ホテルの数では円山町が28件で道玄坂2丁目は24件で、円山町の方が少し多い。
その円山町のホテルが一番密集しているといえるランブリングストリートから児童遊園地に向かう道の途中に農場協会会館という地味な建物があり、そこに全国農業高等学校長協会の事務所が最近はいった。隣も正面も派手な外装のラブホテル。全国の高校の校長先生が集まるかどうかは知らないが、はじめて来た人はびっくりするだろう。
何でこんなところに、という疑問に対して想像を働かせると、駒場に旧制一高が来た昭和10年以前、そこが帝国大学農科大学だったころに、農業教育振興を目的とする協会がこの土地を得たのではないか。当時このあたりは花街だったのだが、会合の場として便利だったろうし、何よりも渋谷に向かう途中だ。いつのまにか周囲はラブホテルになってしまったが、それは周囲が勝手に変わっただけのこと。移転を計画し実施できるだけのスタッフがいないから、逃げ出すようなことはせずにそのままになってしまったという想像になる。
いずれにせよ、教育関係の機関がこの地にあるのは悪いことではない。ここで校長会なんかがあってもよいのではないだろうか。おそらく数十年前まではやっていたのだろうから。
[PR]
by mtejima1 | 2006-10-24 11:30 | 神泉・円山町・松涛