東大駒場キャンパス周辺・渋谷WESTの地域情報を紹介


by mtejima1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

神泉の谷(2月9日)

神泉というと、まあ今の神泉の駅をイメージするのだけど、知らない人の想像を喚起させる工夫があってもよいのではないか。井の頭線のトンネルの工事が始まったのは、開通したのが昭和1933年だから1930年ごろのことだろう。今から75年も前のことだ。それでも江戸時代はどうだったという下町と比べると、つい最近のことになる。開通前の井の頭線の線路を歩いて遊んだものだという古老の話も聞いたことがあるほどだ。
その昔、空鉢仙人がこの谷で不老長生の仙丹を練った霊泉という伝説があるが、神泉谷の地名からそんな説ができたのではないかと、明治44年に刊行された東京名所図会には書かれている。
円山の崖から水が涌き出て、その水が栄通りの方に流れていたのだろうと想像ができる。
円山町と神泉町の名前ができたのは1928年ということだが、谷間を挟む二つの町は花街と住宅地という性格の違う街として現在まできているようだ。
この付近、IT関係の企業が多い。ITとコンピュターグラフィクスは別物かも知れないが、100年前の姿をCGで再現してみたらどうだろう。最近できた松涛温泉の源泉というストーリーも面白いかもしれない。
[PR]
by mtejima1 | 2006-02-09 21:11 | 神泉・円山町・松涛