東大駒場キャンパス周辺・渋谷WESTの地域情報を紹介


by mtejima1
カレンダー

高層ビル(10月21日)

東京は高層ビルが無秩序に乱立する世界でも唯一の都市だろう。30年前に新宿副都心が計画された高層ビル街として誕生したが、その後山手線内とその周辺の広いエリアで、数え切れないほどの高層ビルができている。
渋谷では30年前の1975年に、地上32階の東邦生命ビル(現クロスタワー)竣工したが、そのあとは2000年に地上25階のマークシティ、2001年に地上41階のセルリアンタワーがたった程度で、他に20階を超えるビルはできていない。
このブログでも何回か書いているが、玉川通り沿いの、旧山手通り、山手通りと交わる2箇所、さらにその先の大橋で、高層ビルの建設に向けてビルの解体工事が進んでいる。すべてが完成する2010年には600メートルの間に新たに4つの高層ビルが並ぶことになる。いちばん高いのが山手通りをまたぐところ、旧あおば生命ビル跡で地上44階だ。
旧山手通りとの交差点はNCRの本社ビルがあったところだが、周囲のビルも壊している。最近になって築後10年にならないのではないかと思われるビルの解体が始まった。何ができるのか分からないが、30数階のビルとのことだ。ここは東京23区内では海抜の高い場所。現在はこのへんではセルリアンタワーが独峰のようにそびえているが、それをしのぐランドマークとなるだろう。
渋谷駅周辺も再開発で高層ビルがいくつかできるそうだが、全体としてどんな眺望になるのかは見当がつかない。美観がそこなわれないことを願うばかりだ。
[PR]
by mtejima1 | 2005-10-21 11:09 | 神泉・円山町・松涛