東大駒場キャンパス周辺・渋谷WESTの地域情報を紹介


by mtejima1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
駒場に稲荷神社があることを知る人は少ない。場所は駒場老人いこいの家の隣なのだが、その前の道すら通る人は限られる。通りから更に草深い小道を入ったところにあるのだ。このような神社はプライベートなもので、屋内に作られる神棚の規模を大きくしたようなものなのだろう。鳥居の前には金属製の低い門があり、由緒どころか、名前すら分からない。私的な神社は工場の敷地内などにもあるわけで、東京ではビルの上にも見られるようだ。虎ノ門の航空会館の屋上にある航空神社もその一つなのか。航空平安祈願の神社となっているから公的な神社かもしれない。http://www.aero.or.jp/jinjya/jinjya.html
写真は駒場にある神社。
b0013376_11295349.jpg
b0013376_11301044.jpg

[PR]
# by mtejima1 | 2008-09-17 11:42 | 駒場
ヨーロッパとアジアにまたがるイスタンブール市のアジア側にあるウスキュダル区と渋谷区は2005年から姉妹都市の関係にある。今月、桑原渋谷区長をはじめとする一行がウスキュダル区長を訪問した。渋谷通りと名づけられた通りも昨年できたそうで、起震車も寄贈されている。そのことを同行した岡田区議がブログで詳細に報告している。
渋谷区の「平和・国際都市渋谷実現のための取り組み」の一環のようで、トルコとの関係は、1937年にロシア革命避難者の子供たちの教育の場として渋谷区大山町に小学校を設立したことから始まる。翌38年に日本政府の援助の下に、初代のイスラム礼拝場、東京回教学院が大山町に建設され、2000年には日本最大のイスラム寺院東京ジャーミィが完成した。駐日トルコ大使館も渋谷区内にある。
今回のウスキュダル訪問についてはウスキュダル区のホームページの英語版でも紹介されているが、岡田区議のブログが写真も多く分かりやすい。
http://www.uskudar-bld.gov.tr/portal/En/t1.jsp?PageName=shibuya(ウスキュダル区ホームページ)
http://www.okadamari.com/blog/(岡田マリブログ)

議員の出張報告もこういう形で公開されるのが普通になるだろう。将来は映像でも見られるようになるのだろうが、とりあえず、岡田区議がヴァイオリンで演奏したというウスキュダルがどんな曲かをYouTubeで聴いてみた。


[PR]
# by mtejima1 | 2008-09-16 12:27 | 渋谷
昨日は渋谷金王八幡宮の祭礼で12の町会からお神輿が出た。午後2時に109の前に集合して、夜8時にそれぞれの町会の出発地に帰るというものだ。だから集合場所に行くまでの時間を入れると、ほぼ7時間に渡って神輿がかつがれたことになる。途中休憩が何度も入るわけだが、担ぎ手にとってはかなりの運動になる。
神泉仲通沿いの神栄会では夜の10時45分まで、神泉仲通にしつらえたお神酒所前で神輿が担がれていたから、この町会の場合はなんと10時間近くも神輿と共に掛け声をかけていたことになる。

神社の祭りは文化祭、何とかフェスティバルとは違う。同じ日に開催された目黒区のSUN祭りがマスメディアで報道されても、金王八幡宮の祭りが報道されないのは、町会ごとの参加で、一般の人たちには関係がないからなのだろう。阿波踊りやヨサコイは見せるためのものでもあるが、神輿は担ぐ人たちのためのものといってよい。見物する人はほとんどなく、神輿の通る道玄坂や文化村通りは神輿の時間が終わってから賑わいだしたことでもわかる。日本中どこでも見ることのできる神輿なので、それが渋谷であっても広いエリアと対象に報道する価値は認められないのだろう。つい先日自民党総裁候補5人が渋谷駅前で一緒に街頭演説をしたときに、ヘリコプターが何機も飛んで報道されたのとは大きく異なる。
しかしそれぞれの地域社会にとっては年に一度のハレの舞台だ。各お神酒所で休憩する担ぎ手を接待する町会の長老たちにとっては、正月よりも重要な時のようだ。
写真は百軒店で撮影したものだけが様になっていたのは坂と道幅のためだろうか。
b0013376_10515536.jpg
b0013376_10521097.jpg
b0013376_10522191.jpg
b0013376_105234100.jpg

[PR]
# by mtejima1 | 2008-09-15 10:52 | 神泉・円山町・松涛
山手通りの地下深く、中央環状新宿線の工事が行われている。あと1年半で開通の予定なのだが、どんな道路になるかは、現在開通している区間の映像を見ると想像がつく。ただ、地下深いところから螺旋状の道路で首都高速まで上がっていく光景は特別のものになるだろう。東京の新名所になるとしても、そこを運転して楽しい人とそうでない人に分かれそうだ。
そこで、渋谷駅(マークシティ)から大橋ジャンクションに入り、西新宿ジャンクションから新宿駅(南口)まで往復する観光バスがあるとよい。見学に来る人たちも、乗用車で通るよりバスの方が快適だと思う。車体も暗闇が延々と続く道路に合ったインテリアとし、電子音楽が流れるようにする。もちろんスーパークリーンディーゼル車などの次世代低公害車だ。
首都高速道路株式会社の事業としても、自動車メーカーの事業としてもよいのではないか。自動車のデザインを工夫するだけで、スペースマウンテンより魅力的なアトラクションになるだろう。


[PR]
# by mtejima1 | 2008-09-14 09:53 | 駒場
スウェーデンの女性が円山町のラブホテルを取材したときの印象を語った映像が、円山町のホームページにある「渋谷のシンソウ」で紹介されている。狭い地域にラブホテルが密集しているということは日本人でも印象的なのだが、外国人の方が純粋な好奇心の対象になるはずだ。外国人の目で円山町のホテル街を見るといつもとはちがった風景が見えてくるかもしれない。


[PR]
# by mtejima1 | 2008-09-13 19:36 | 神泉・円山町・松涛