東大駒場キャンパス周辺・渋谷WESTの地域情報を紹介


by mtejima1
カレンダー

<   2008年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

地域の防犯というと、空き巣やひったくり、あるいは子どもの安全に関わることがイメージされる。しかし未遂を含めた被害者数を考えると架空請求詐欺を無視できない。警察庁の統計によると平成17年が4,826 件、18年は3,614 件、19年で3,007件と減ってきているように見えるが、これは既遂の認知件数。警察に届けられていないケースは未遂も含めるとこんなものではないはずだ。被害金額も56億円から37億円と減ってはいるものの認知されたケースの1件あたり被害金額は平均だと100万円を越す。数万円のものだと、詐欺と知らずに振り込んでいるケースは相当あると推測できる。
昨日携帯電話のメールにその種のものがあったということで相談を受けたのだが、被害がないからと、警察に届けるべきものとは思わなかったそうだ。電話で警察に報告するときに、こうしたものがあることを知らなかったと、PR不足を指摘していた。学生の被害も多いそうなので、日ごろから話題にするとよいと思う。詳細は以下のサイトを。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/kougaku/kougaku.htm
http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki31/3_kakuuseikyuu.htm
[PR]
by mtejima1 | 2008-02-29 12:44 | 地域社会
渋谷WESTのホームページでインタビュー・シリーズ「駒場の人たち」を始めた。当面は誰でも顔を見ることができる人を対象にするので、宣伝のようにも見えるが、そういう趣旨ではない。だから費用をいただくようなことはしない。目的は地域情報サイトとして、有用な情報を蓄積していくことにある。とはいえそういうことはなかなか理解してもらえないようなので、当面は親しい人に限られるかも知れないが。
駒場に住む人はもちろん、通学する学生の皆さんにも駒場を知る上で興味ある情報が出て来るだろう。地域のことは案外知られていないものだ。これからどんな人が登場するのか、ご期待いただきたいと思う。
http://www.shibuya-west.com/interview_1.html
また渋谷WESTの駒場以外の地域の人たちのインタビュー・シリーズもスタートできるよう計画している。
[PR]
by mtejima1 | 2008-02-28 18:33 | 駒場
平成17年5月、駒場野公園の拡張に伴う公園整備計画が検討されている中、駒場バラ園ゆかりのバラを植えるための花壇を実現するための動きが始まった。バラ花壇は世話をするボランティアなしには実現しない。そのために駒場バラ会が平成18年1月に誕生したのだが、今日に至るまでさまざまな紆余曲折もあり、ようやくのことで2月24日、駒場野公園拡張部分に22本のバラの苗が27名のボランティアの方々により植えられたのだ。花の色のバランスも考えて、一部の苗の植え直しをするほど徹底した検討が重ねられたようだから立派な花壇になることは間違いないだろう。
駒場バラ園からのバラの寄贈と駒場野公園の開園との間には2年の間隔が生じた。そのため、寄贈を受けたバラはまず駒場公園と東大駒場Ⅰキャンパス正門横に植えられた。それから2年が経ち、結果として駒場の3箇所に駒場バラ会が管理するバラ花壇が誕生したわけだ。バラの花が開くのは5月。計画から丸3年の熟成期間を経て、駒場バラ園ゆかりのバラが駒場のまちを彩ることになるだろう。
多くの方々による息の長い努力が実を結んだものであり、バラを通じてこの地域を愛する気持ちが幅広く育まれていくことを期待したい。
b0013376_1373799.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2008-02-27 13:14 | 駒場
東大前商店街の西はずれにある『みしま』はボリュームのあるタコヤキで高校生に人気がある。そのタコヤキの値段が3月31日からこれまでの300円が350円になるとのお知らせが店先に出された。石油や小麦粉などの原料の値上げによるという理由だ。新学期に合わせてということだろうか。300円という値段がいつからのものかは知らないが、どこも原料費の値上げはひどいらしい。他の店でもそのうち値上げの発表があるのだろうか。物価判断の材料にもなりそうだ。
しかし値上げされても12個で350円。8個で380円とかのタコヤキの世間相場からすると決して高くはない。しかもその味には定評があるのだ。
b0013376_1349925.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2008-02-26 13:52 | お店の紹介
今日明日は東大の入学試験だ。テレビのニュースでは本郷キャンパスの映像が放映されていたが、無論駒場でもやっている。正門付近には保護者らしき人たちが30名くらい、寒い中を待っていた。その数が多いのか少ないのかは分からない。しかしキャンパスの周囲を歩いている人は見かけなかった。どこに下宿させるのかを考えるのは合格が決まってからだろうか。
いずれにせよ、どこに住むのかはよく調べた方がよいだろう。それには街のさまざまな話をしてくれる地元の不動産屋さんに相談するのが一番だ。しかし、駒場東大前で地域社会に溶け込んで営業している店は案外ない。唯一、50年前から営業しているキャンパスの松涛側炊事門に近い「ネオスカイ」が駒場でのさまざまな生活相談に乗ってくれる。
http://www.shibuya-west.com/neosky/
b0013376_1630431.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2008-02-25 16:23 | 駒場キャンパス
渋谷百軒店を若い人たちで賑わう街にしようというプロジェクトが立ちあがった。百軒店は昭和の初期には現在の円山町と一体だったことがその会で配布された資料の地図でわかったのだが、現在はランブリングストリートで分断されている。百軒店商店街に入る道には歓迎するためのアーチがあるものの、そこから必ずしも気軽に入っていく雰囲気になっていないのが残念なことだ。
百軒店には千代田稲荷という渋谷の西側唯一の神社がある。そこに至る迷路のような状態を活かしながら、神社を中心とする賑わいの演出をするなど、魅力的な街づくりをする知恵を出していくことがプロジェクトの目的となる。今年の9月には結果を出すスケジュールで進むことになった。「百軒店はおもしろい」ということがメディアで紹介され、若い人たちが集まってくるようにすることを目標とする。歴史あるこの街の新しいホームページももうすぐ公開される予定だ。
[PR]
by mtejima1 | 2008-02-24 18:34 | 神泉・円山町・松涛
玉川通りと旧山手通りが交差する神泉町交差点角に建設される南平台計画についての住民説明会が開催された。住友不動産が事業主で設計は日建設計、地上22階地下2階で建物の高さは138メートルの事務所ビルだ。完成は2011年(平成23年)3月の予定。
霞ヶ関ビルは35階で147メートル、渋谷クロスタワーが32階で131メートルだから、22階で138メートルの高さというのは相当天井が高いようだ。最上階は8メートルの高さとか。商業施設は一切なしという計画だ。想定通勤者は3000人以上で、イベントホールの来場者等を加えると1日4000人近くの人がこのビルを利用することになる。ビルの横には大規模広場ができるので昼食時には屋台村が誕生するかも知れない。
その完成の前近くでは、2009年(平成21年)9月には地上33階144メートルのオフィス+住宅の青葉台三丁目計画、2010年(平成22年)3月には大橋ジャンクションが完成している。続いて、2012年(平成24年)には東急文化会館跡地上33階高さ180メートルのビル、2013年(平成25年)3月には大橋地区再開発ビルができる。更に渋谷駅の再開発が続く予定なので、10年後に渋谷全体がどんな街になっているのか。10年後の日本経済の見通しも考えて予測するとなるとなかなか難しい。
[PR]
by mtejima1 | 2008-02-23 10:30
ホームページのエリアごとに写真集を作っていたが、トップ画面から一覧表でアクセスできるようにした。渋谷WESTのさまざまな表情を伝えていきたいと思う。写真は下手だと自負していたのだが、ブログ用にシャッターを押してきたら、このエリアの撮影のポイントが分かってきたからだ。
写真はいくら撮影しても、またそれをいくら掲載してもコストはかからない。紙媒体ではできないことがホームページだとできてしまうことに今さらながら気づいたわけだ。5年後、10年後にはなつかしい風景になっているかも知れない写真もあるだろう。こんなことをあちこちの多くのサイトでやりだしたら、各地域の様子がよりよく分かるようになるだろう。プロの写真家が撮影したきれいな写真が、必ずしも実際の景色を写しているものではないということにもなるのだろうか。
[PR]
by mtejima1 | 2008-02-22 18:23
旧山手通り渋谷行き方向東大前バス停付近には、レストラン喫茶『フレンズ』からはじまり、高級うどんの『海老蔵』、ラーメンの『砦』、うなぎの『いちのや』と続いている。その並びで信号を渡るところにあるのがピザとパスタの専門店『ピオッピーノ』。外から店内も調理場も見えて飾り気のないところが旧山手通りでも代官山方面の店と違うところ。2005年12月に南平台にあった『ペコ』が引っ越してきて店の名前を変えて営業しているとか。
ランチだとピザのメニューは印刷したものがあるが、パスタは黒板にある3つのメニューから選ばなくてはならない。日本語で書いてあるのだが、イタリア語で書かれたものから選ぶのと変わらないほど、どんなものなのかを想像ができないのは最近のパスタを知らないだけからか。ともかくイワシが入っているものを注文。油をたっぷり使っているのにサラッとしていて深い味わいがある。サラダかコーヒー・紅茶を選べるセットでコーヒーにしたのだが、このコーヒーがまたよかった。ランチの値段はコーヒー付で1050円。雰囲気ではなく味で勝負をしている店だ。
b0013376_17354862.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2008-02-21 17:36 | お店の紹介
円山町会のホームページに、玉川通りと旧山手通りが交差する大坂上の交差点にある旧NCRビル跡地の再開発計画説明会のことが書かれている。100mを超える超高層ビジネスビルということで、2月18日~19日に近接住民に資料が事前配布され、2月22(金)-23日(土)午後7時から道玄坂の新大宗ビルで事業計画の説明会が開催されるとのことだ。
近接住民というと、このブログがカバーしているエリアのかなりの範囲を含むことになる。どんな計画なのか、資料を受け取っていない方も説明を受けるとよいだろう。
b0013376_15212017.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2008-02-20 14:38 | 神泉・円山町・松涛