東大駒場キャンパス周辺・渋谷WESTの地域情報を紹介


by mtejima1
カレンダー

<   2005年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧

テレビのニュースでは日本全国の犯罪ニュースが放映されているが、近所はどうなのかと思う。NHKの支局は人口100万人未満の県にもあるのだが、たとえば、世田谷区と目黒区と合わせて100万人になったとしても、それなりの報道はないだろう。東京のことは報道なんかしなくてもわかっているだろう、ということなのだろうか。
そんな中、警察暑がメールマガジンを出しているのはありあがたい。コストのかからないインターネットだからできることだろう。どうせマスコミ報道は警察発表を流すだけだ。分析だのしてもらったところで何の付加価値も出てこない。生のメールマガジンがあればそれで十分だ。
ともかく身近なところでどんな犯罪が起きているのかということは知らなくてはいけない。防犯のために何ができるかを考えるためには事実を知らなくてはどうしようもない。
さしあたり、目黒警察暑と代々木警察暑のメールマガジンが入手できる。その情報を地域社会でどう活用するかが課題になるだろう。
[PR]
by mtejima1 | 2005-09-30 23:19
今日は秋晴れの快晴だった。それでちょっと足を伸ばして、山手通りとコスモス通りの奥にあたる、富ヶ谷2丁目、上原2丁目を歩いてみた。富ヶ谷はまだ6階建てのマンションがあるが、上原にいくと4階建てが限度になる。第一種低層住宅専用地域だ。松涛1丁目、神山町、駒場4丁目なんかもそうなのだろうが、どこか雰囲気が違う。坂とカーブが独特の景観をかもし出しているようだ。
こんな街があったのか、というのが率直な感想。街には個性があるものだとつくずく思う。
もともとは典型的な山の手の一戸建ての住宅地だったのだろうが、そうした土地に低層の高級マンションが並ぶ。緑は豊かだ。銀行の宿舎のあとがマンションの建設用地となり、公務員宿舎も売りに出されるのか、空家になっている。中央環状線が開通する2年後には、ずいぶん変わっているのかも知れない。
よく歩くコスモス通りから、ちょっと入ったところで出会った知らない世界をのぞき、旅行をしたような気分になるから不思議だ。
[PR]
by mtejima1 | 2005-09-29 23:43 | 駒場

法人会(9月28日)

すべての法人を対象にした法人会という組織がある。基本は税金の勉強をする会なのだが、地域社会の法人ネットワークとしての意義も大きい。商工会議所とか、大企業では経団連などという経済団体があるが、地域密着という意味では法人会が一番重要な団体だと思う。
企業は税金を納めなくてはならない。その税金の仕組みを常に意識することは大事なことだ。税金をしっかり勉強すると、税金の使い道に対して厳しい目で見るようにもなるだろう。
法人であれば法人会に気軽に入るとよいと思う。法人同士の近所づきあいはビジネスチャンスをもたらすこともあるだろう。個人が町会に入るように、法人は法人会に加入してほしいものだ。地域社会において、法人会が一定の役割を果たせるようになることが望ましいと思っている。
[PR]
by mtejima1 | 2005-09-28 22:22

国勢調査(9月27日)

現在国勢調査の調査員が各家を回っている。しかし、オートロックのマンションでは、インターフォンを押しても入り口のドアを空けてもらえないケースもあるという。女性調査員でも怪しまれるそうだ。今回が5回目というベテラン調査員によると、今までになく大変になっているとのことだ。
ワンルームマンションを人が居るときに訪問するのは大変だ。管理会社に空室があるかどうかを電話で確認してから訪問するというテクニックもある。
国の統計の基礎になるのが国勢調査。立法、政策の基礎データとなるのだ。プライバシー侵害との誤解があるとすれば、国のPRに問題があるかも知れない。
地域社会でも全面的に協力すべきだろう。国勢調査が大変な地域では、安心して暮らせないとすらいえるのだから。
それにしても、「寝に帰ってるだけ」の人が増えているということはさびしい。社会が壊れないように、ということを多くの人が心がけるようにならなくてはいけない。
インターネットがそのために少しでも役立つことができればと願っている。
[PR]
by mtejima1 | 2005-09-27 22:49
東大の生産技術研究所、先端科学技術センターのある駒場Ⅱキャンパスは日本民藝館の先にある。正門から入ると正面に1929年に完成した時計台があり、その後方左側が生産技術研究所、右側が先端科学技術センターとなっている。
時計台のあるクラシックな13号館とは全く異なる、コンクリートを打ちっぱなしにした大胆なデザインの建物群だ。デザインはJR京都駅ビルなどの作品のある原広司氏。戦艦をイメージさせる巨大な生産技術研究所は一目で京都駅を思い出させる。西側には新しい建物が順次建設されているようだ。
このキャンパスは世界的なリサーチセンターなのだが、その空間にはスターウォーズの世界を彷彿とさせるものがある。世界中から来る研究者にはどう見えるだろうか。さまざまな公開イベントをやっているので機会を見てのぞいてみたい。
[PR]
by mtejima1 | 2005-09-26 22:51 | 駒場
余丁町散人さんがNHKのローカル番組の不公平さをついている。
余丁町散人の隠居小屋
NHKは渋谷駅前の映像は毎日のように流すが、渋谷のことが報道されることはまれだ。当然東京の地域社会のことにはほとんど触れない。だから東京の人は地元の国会議員がどんな人なのかを知る機会も乏しい。

今回の選挙では、東京の地域社会振興で実績のある2名のかたが国会議員になった。早稲田商店会長だった安井潤一郎さんと、武蔵野市長だった土屋正忠さんだ。土屋さんは管直人さんの対立候補ということでマスコミにも取り上げられたが、純粋比例候補だった安井さんの名前は余り知られていないだろう。早稲田商店街で商店街を活性化するため、リサイクル、地域通貨、震災疎開パッケージなど、さまざまなことを展開するともに、全国の元気な商店街を結ぶ、株式会社商店街ネットワークを設立した人だ。

土屋さんは1983年に41歳で武蔵野市長となり、1984年には『草の根からの行革』という著書を出している。多選批判もあったが、22年間首長としての実績がある。

いずれも小泉チルドレンということで軽く見られるべきではない。何よりも、単なる地方議員出身ということではなく、東京の地域社会での活動実績をベースに、国会議員に選ばれたということは注目されてよいと思う。地域社会密着ということでは、山古志村の長島村長も国会議員になったが、東京出身の新人議員に関心をもつことが大事なのではないだろうか。

せめてブログだけでも東京のいろいろな情報が伝わるようになってほしい。
[PR]
by mtejima1 | 2005-09-25 20:33

裏渋谷(9月24日)

『danchyu』という雑誌の10月号に、「東京、おいしい街歩き」と題する特集が掲載されている。その中に、「裏渋谷」として、円山町、神泉、松涛の飲食店が紹介された。裏渋谷というネーミングが通用するのかどうかはともかく、このエリアをひとまとめにした記事なので親しみがもてる。

紹介された店は、産直屋たか、あじくら、鳥竹、なかあら井、神泉いちのや、マヌエル、ステーキてっぺい、BUCHI、Le Zincの9店。おでん割烹ひでと小笹は名前だけの紹介となっている。
記事としてよく出来ているのだが、そのうちどの店にいってみようと思うかは読者の受け止め方なのだろう。

特集では、裏渋谷の他に、銀座、月島、駒込、赤羽、浅草と、それぞれの地域ごとに店の紹介をしている。知らない地域の店の方が想像をかきたてられて、魅力を感じてしまうのだが、こうした雑誌の記事は夢が膨らむように書くのだろう。

だからといって遠いところにでかける必要はなく、地元の店でこの店ならこんな紹介をすれば、読者の夢が膨らむだろうと考えた紹介があるとよい。外食するのに遠出なんかしなくとも、どこでも近所によい店はたくさんあるはずだ。近所の店をPRすることが地域発展に貢献するともいえるかもしれない。そんな地域自慢のブログがたくさん出てくるのを期待している。
[PR]
by mtejima1 | 2005-09-24 23:40 | 神泉・円山町・松涛
10月2日(日)10時から15時まで、駒場野公園でこまばのまつりが開催される。名物はかかしコンクールだが、そのほか紹介しきれないほどの催し物があるそうだ。駒場町会と住区住民会議が事務局となり、こまばのまつり実行委員会で運営している。2500人規模というからにぎやかだ。
群馬県富士見村からも参加があり、農産物の直売もある。

ふりかえると、つい先日の17日、18日と道玄坂祭りだった。目黒のサン祭りもあった。8月末には東大前商店街で盆踊りと氷川神社のお祭りがあった。こまばエミナース祭りが8月7日にあったのは遠い昔のことのようだ。

そういえば昨日から10月2日まで、「渋谷パラダイス」というイベントが渋谷駅ハチ公前広場で開催されている。先のことだが、11月25日から27日の3日間は東大の駒場祭がある。駒場祭は来場者数10万人といわれている。

近所でやっているお祭りでも、主催者と縁がないと疎遠になりがちだ。お祭りとは共同体の仲間で盛り上がるものなのだろう。
[PR]
by mtejima1 | 2005-09-23 11:41 | 駒場

不当請求(9月22日)

6月21日と28日に紹介した振り込め詐欺の顛末が、今日、明日と日本テレビの「NEWS PLUS1」で再放送されている。8月20日に「報道特捜プロジェクト」で放送されたものの再放送のようだ。日本テレビ社員が有料サイトにはアクセスできない携帯電話からの電話からのアクセスに対して、不当請求があり、その請求者を探すというもの。
番組の不当請求業者「●▲ネットワーク」(日本テレビでの表示)は管理人の会社と同名であることから、6月に取材を受けた。番組のように管理人の声が録音されていて、局内で笑われていたかもしれない。
それはともかく、こういう報道は有益だ。やらせと思わせるほど、よくできた内容だが、管理人の会社も振込みを指定された銀行に口座をもっており、同名の会社の口座が何であるのか、と電話することで取材に協力している。その結果、カタカナとアルファベットで違うとういことで、別会社であることを確認したのだ。そうしてこの銀行口座が凍結されるまでの経緯が放送される。
23日(金)の午後6時15分からご覧ください。
[PR]
by mtejima1 | 2005-09-22 22:13
玉川通り沿いの新しい14階建てのビル、渋谷ファーストプレイスに、東京急行電鉄と株式会社パルコが入居した。とはいえ2社で全館を埋めたわけではなく、半分近くのフロアにどんな会社が入るかは不明だ。1階には店舗が入ると思っていたのだが、その気配はない。

東急とパルコという渋谷の街に影響力のある2社が入るからには、それなりのステータスのある企業であることが条件なのか。それともあちこちに事務所をもつ2社がここに集結する計画なのか。

玉川通りの反対側で解体工事をしているNCRビルの跡地には、30数階建ての高層ビルが建つそうだ。神泉交差点近辺の不動産はますます注目されそうだ。地価も上がりはじめている。固定資産税やなんだかんだで、古くからの住民には落ち着かない街になりそうだ。
b0013376_20555595.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2005-09-21 17:07 | 神泉・円山町・松涛