東大駒場キャンパス周辺・渋谷WESTの地域情報を紹介


by mtejima1
カレンダー

<   2005年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

淡島通りが旧山手通りとぶつかるところには、白い船をイメージさせるトヨタの販売店がある。その向かいにナチュラルローソンが開店した。ローソンとどこが違うのか調べてみたところ、健康や美容に対する意識の高い人たちの店だそうだ。
それはともかく、すぐ食べられる食品が多いという印象だ。昼食をコンビニですませるという人が増えているのだろう。中食というのだろうか。
店の前にはちょっとしたスペースがあり、ベンチで食べることもできる。このあたりは駅から遠く、店が少ないのだが、これから変わるかも知れない。旧山手通りは代官山寄りは観光名所だが、こちら側はこれからなのだろう。この辺を神泉ジャンクションとでも呼んだらどうだろうか。今のところはコンビニが3軒で、おしゃれとはいえないのだが。
[PR]
by mtejima1 | 2005-08-31 17:16 | 神泉・円山町・松涛

肉を買う(8月29日)

東大前商店街で肉を買った。ステーキ用とトンカツ用というだけ。後は切って計って、ハイ、いくら、という買い物だ。単価もボリュームもおまかせというもの。
こんな買い物が今は少なくなったが、昔はだいたいこんなもんだったのだろう。魚屋がてんびんかついで売りに来て、今日はアジがいいよ、といわれて言い値で買ったり、豆腐なんかも売りに来るのだから、1丁か2丁かで、いくらかなんていうことはなかったのだ。
そんな商売を復活させると新鮮かもしれない。コンビニに対抗するにはこんな雰囲気を取りいれるのがいいだろう。
[PR]
by mtejima1 | 2005-08-29 18:55 | 駒場
道玄坂交番から検番通りに入ってすぐの新しいビルに獣肉を食べ出せる店が開店した。ワニ、イノシシ、シカ、ウサギの肉が食べられる。その他にも、フォアグラ、エスカルゴ、ムール貝、生ハムといったヨーロッパの珍味が300円から900円の手ごろな価格で楽しめるのだ。飲み物は、生ビール430円、ワイン450円とある。
落ち着いて食べるというよりは、珍味をトライするところといえるだろうか。近いうちに行ってみよう。電話は3770-4227。
[PR]
by mtejima1 | 2005-08-28 23:37 | 神泉・円山町・松涛
道玄坂交番のある道玄坂スクエアーから246に向かう道の右側、交差点から50メートル足らずのところのビルの地階にある。定員7名のカウンター式割烹料理屋だ。女性オーナーが一人できりもみしている。カウンターの中で調理して出す。よくあるパターンだが、そこは渋谷。それなりの雰囲気がある。
7名しか入らないから客同士のコミュニケーションもできる。狭いことでなごやかで親密な雰囲気をかもし出すのだ。料理も酒もいい。料理はおまかせにするのがよさそうだ。久しぶりに飲みすぎた。何しろ狭いので電話で予約するといい。電話は3463-7501。6時から10時までの営業。昼食もやっている。
[PR]
by mtejima1 | 2005-08-27 23:55 | 神泉・円山町・松涛
地域社会には言論の自由がなかったのかも知れない。公共の情報は自治体が独占し、マスコミは商売にならないから取材の対象にしなかった。気に入らないことでも泣き寝入りせざるを得なかった。
ところがインターネットで地域情報が誰からも発信されるようになってくると、様子は違ってくる。これまでまれだった自治体の内情が公開されるようになる。メディアで批判されることがまれだった自治体の動きが細かく地域メディアでフォローされるようになるのだ。
マスコミでは報道の自由、表現の自由が常に問題になっている。きわどいことを書かないと商売にならないこともあるだろう。同様のことがこれから地域メディアでもおこってくるだろうか。
ただ、地域メディアの場合、情報を公開する人はそこの住民だ。そうした問題がおきないよう事前に調整はできる。ただ、特定の人に都合の悪い情報が出るとどうするかという問題は残る。
だからといって情報公開をしないということがあってはならない。情報も官から民へだ。自治体が情報を独占し、自治体が発表を許可するという仕組みがあるならば改めなくてはならない。
[PR]
by mtejima1 | 2005-08-25 23:56
駒場の住民のための掲示板からなるサイトができた。コアとなるコンセプトが小学生の安全だからパスワード管理をしている。地域社会で回覧版に替わるものを目指している。
渋谷WESTも地域の話題を扱うのだが、こちらは全世界の人に見物にきてもらえる内容をめざしている。同時に地域限定の情報交流の場も必要なのでちょうどよい組合せになる。
いずれもインターネットで地域社会を変えたいという思いは同じだ。行政区域をまがたがることでも一致している。これまでほとんど不可能だった地域社会の情報交換がどのような形で実現するのか、実は誰もしらない。でもそれをやっていくうちに何かが変わるだろう。
たとえば駒場バラ園の問題だが、検索で渋谷WESTにアクセスする人がいて、その人がブログを立ち上げたことから、全国のバラファンの関心を集めることになった。
一方、地域限定の掲示板は、よりローカルになれるところがよい。
公開情報と地域限定情報の組み合わせで、よりよい情報共有と豊かな地域社会を実現したいものだ。
[PR]
by mtejima1 | 2005-08-24 23:58
渋谷WEST日記を始めたのは1年前の8月19日だった。いつのまにか1年がたった。その間にブログということばがすっかり定着し、影響力をもつようになっている。9月11日の衆議院選挙に向けてさまざまな情報が飛び交うだろう。

しかし国政のことばかりに関心が向いて、地域社会のことは知らないということでは問題だ。まず身近な政治問題に参加していくことが重要だと思う。公園をどうするか、ということもその一つだ。

政治家は国会議員だけではない。区議会議員は身近な政治家だし、「官から民へ」は国政だけの問題ではない。政治とは公共のことを決めること、と考えると、政治参加が選挙だけという時代はブログの出現により終わるのかもしれない。普通の住民がブログというメディアを獲得したのだから。

最初の渋谷WEST日記では以下のように書いた。

「インターネットは世界中の人たちとのネットワークだが、地域社会でも有効だ。地域の人たちがブログでつながることができれば、新しいことがおきるだろう。
これまで地域社会での人のつながりは、町会が単位になっているが、隣の人が別の区の住民ということになると、お互いの情報源が全くちがうことになる。
渋谷区と目黒区という行政区域をまたぐ地域での情報共有の仕組みをつくっていきたい。
渋谷WEST日記で、目黒区の駒場、大橋、渋谷区の松涛、神泉町、円山町のさまざまな出来事を記録しながら、気長に仲間ができることを待つことにする。」

ブログのネットワークが少しづつできている。さまざまな情報が共有できるようになることを期待したい。
[PR]
by mtejima1 | 2005-08-23 14:12
旧山手通りが玉川通りと交差する神泉交差点の一角にあった、NCRの本社ビルが解体されている。解体工事はまだ終わっていないが、ビルの上層階がなくなって景色が変わった。青空が見えて気持ちがいい。
場所がいいし、面積もかなりあるから、解体された後には高層ビルが建つのだろうか。マクロでみれば事務所も住居も需要は拡大しないようだが、個々の事業者はそうは考えない。8階くらいのビルだと眺望ということからは望ましいのだが、それはないだろう。
ともかく、これから1年位は交差点に青空が見えるだろう。つかのまの景色を楽しもう。
[PR]
by mtejima1 | 2005-08-22 18:56 | 神泉・円山町・松涛
防災は行政から町会まで、組織で推進されている。従って縦割りだ。縦割り組織によって災害対策から避難までが検討されている。組織があるから組織としての検討は必要だ。
問題はその組織単位の防災体制が機能するのか、機能しなかったらどうするのか、ということだ。駒場は他の地域から離れた農村ではない。
地域の防災体制が機能しないかも知れないことは承知の上で、ともかく訓練だけはしておく。そうでもしないと何もできない。という理屈はあるだろう。組織の責任者は、その組織が機能しないかもしれない、ということは想定できない。
しかし、災害は組織に遠慮はしない。被害に合うのは個人だ。地震のときには消防車は来ないと行政機関がいっている。しかし、その上で何ができるのか、検討されているのだろうか。個人個人が身近な被害を想定し、その上で防災組織で何ができるのかを考えるしかない。防災訓練が防災組織のデモンストレーションに終わらないようにするにはそれなりの勉強をしなくてはならない。
そこでまず必要なのは地域社会での防災情報ネットワークだと思う。インターネットにより、農村などでしか実現できなかった地域社会の情報共有体制がもてるようになっている。
しかし残念ながら地域社会の防災担当者はインターネットを知らない人がほとんどだ。インターネットを利用しない人を防災から排除するのか、という理屈も出てくるだろう。だからといってインターネットを使わない手はない。インターネットを使わない人たちの意見も共有できるようにすればよいのだ。以下のようにすれば聞き取り情報を掲載できる。
http://www.shibuya-west.com/bousai.html
縦割りの防災体制を超えるものも夢ではない。
[PR]
by mtejima1 | 2005-08-21 13:00 | 防災
今月末までに道玄坂交番前と、淡島通りが旧山手通りにぶつかるとことに、それぞれセブンイレブンとローソンが開店する。以前は中華料理屋とフランス料理屋だったところだ。
円山町から神泉にかけてコンビニが多い。今、買い物は何でもコンビニですませることができるからだろうが、どこの店も同じように見えるがその違いは何なのか。コンビニで買うのはもっぱら飲料なのだが、売っているものが店によって違うことくらいは分かる。品揃えの微妙な違いをネット上で紹介できるとおもしろいのかも知れない。
AMPM、ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート、コミュニティストア、スリーエフとあるが、それぞれの特徴をあげよ、といわれて答えられればたいしたものだ。挑戦してみたい。コメント歓迎です。
[PR]
by mtejima1 | 2005-08-19 17:46 | 神泉・円山町・松涛