東大駒場キャンパス周辺・渋谷WESTの地域情報を紹介


by mtejima1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2005年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

今月の18日の日記に書いたカモンピープルというお店、隠れ家かと思ってたら、6月4日(土)にライブをやるということでチラシを出していた。そこにホームページアドレスがあったのでのぞいて見るとなかなかデザインのセンスのよいサイトだ。リンク集をみるとアーティストのグループが関係しているようだ。
http://www.comeonpeople.com/
駒場東大前駅からの道順が写真と共に紹介してあるのがおもしろい。でも昼間は営業していないのだからどれだけ参考になるのかとも思う。一応一般公開をしている店なのだということを納得した。
ともかく文化芸術のまち渋谷WESTにふさわしい店だ。
[PR]
by mtejima1 | 2005-05-31 21:29 | 駒場
淡島通りの駒場エミナースは国民年金保険の施設なのだが実際は普通のホテルだ。渋谷からバスが頻繁に出ているし、設備も使いやすいと思う。
今日は結婚式があったり、500人収容のホールで太鼓のイベントがあったりして賑やかだった。庭の花も色とりどりで、郊外のホテルの安らぎがある。
通りがかりに利用するには不便だが、地元民にはコーヒーショップが格好の打ち合わせ場所になっている。普通のホテルでないために何となく違和感をもたれているのではないかと、自分の経験から気がかりだが、イベントなどにもっと利用されてよいのではないかと思う。
[PR]
by mtejima1 | 2005-05-29 23:51 | 駒場
東大駒場キャンパス内に美術博物館がある。年に数回の企画展をしている。今は「王朝貴族の装束展」というのをやっているので見に行った。まあ、近所だし無料だからなのだが。
本などで見慣れた衣装ではあるが、実物が展示されるとなかなかのものだ。当然のことながら高級な衣装だと思う。オーダーメードだからいくらになるのだろうかと、美術博物館にはふさわしくないことを考えてしまう。芸術品であることは間違いない。現実の世界とかけ離れたものではあるが、日本文化の深層にふれる思いもある。
6月12日までだが、散歩がてらに見学をお勧めする。
[PR]
by mtejima1 | 2005-05-28 20:44
町の最小単位は小学校の学区のようだ。小学校の同級生が住んでいる町だ。そういう単位が全国に1万以上あるのだろう。そうして、町というのはそれ以上のものではないと思う。
渋谷という町もそうした町が集まったものであり、同時にその一部なのだ。
住民の町というのはなかなかその存在が見えない。東京などの大都会の特徴だろうか。
しかし、そうした住民の町がもっと意識されなくてはならないと思う。考えたくはないが、災害時には町単位での対処ということになるのだろう。それだけではない。住民参加ということばの意味するものは、結局その規模の町単位でのことなのだ。それより広い範囲での住民というものがあるとすれば、人口1万人の町の連合体でしかないだろう。近所づきあいのできる範囲は人口1万人規模までだから。
まちの存在感とはその規模の中でしかないと思う。そういう意味で存在感のあるまちづくりができるようにしたいものだ。
[PR]
by mtejima1 | 2005-05-27 23:58
桜、つつじ、に続いて今はバラが花ざかりだ。淡島通りの松見坂下のレストラン前には様々なバラが咲き乱れている。そこから駒場ばら園に行く秘密の抜け道にも、壁面にバラが生けられている。
この駒場に本格的なバラ園を作ろうというプランがある。目黒区からサッカー場にするという計画が出され、それを住民主導で緑の多目的公園にする具体案をまとめている駒場野公園拡張用地に、バラ会のできるスペースを作ろうというものだ。
100年近い歴史をもつ駒場バラ園の知名度を引き継ぎ、東京都心部でバラを愛する人たちの集いの場にしていくまちおこしでもある。
ばら園に必要なのは、それを維持管理する地元のボランティアだ。近隣のバラ好きの方々に、是非新設する駒場バラ会に参加いただけるよう準備をはじめた。
[PR]
by mtejima1 | 2005-05-26 09:36 | 駒場

崖のまち(5月24日)

駒場のさぶちゃんが崖の地震被害を心配している。
考えたくないことなのだが、大規模な地震の来る確立は極めて高いと専門家がいっている。その時どうなるのか、といういやなことから逃げられない。一般論ではなくそれぞれの建物ごとに考えなくてはいけないのだろう。
そういえば、渋谷WESTは崖のまちだ。崖だから坂だけではなく、階段がいたるところにある。円山町の崖にある階段は芸者さんの通り道として使われた歴史を持つ。駒場1丁目、大橋2丁目も崖に沿って住宅が並んでいる。
崖の建物は景色としては絵になるのだが、それが地震に強いものであってほしい。
[PR]
by mtejima1 | 2005-05-24 20:22
住民でなければ区界なんて全く見えない。でも住んでいると区界をしっかりと感じる。となりのまちはすぐそばなのに情報がないのだ。単に区が違うということだけではない。神泉の店でもまちの情報はない。そこが駒場と違うところだ。
考えてみれば駒場というところは、ほとんど渋谷区と世田谷区に囲まれている。目黒区の中では孤立しているのだ。それだけに、目黒区駒場というところがまとまりをもった単位となっているのかも知れない。
渋谷WESTの管理人としては、渋谷区サイドの取材もしなくてはならない。しかし観察を続けてますますその違いを感じる。それでよいのだろうが、その違いをもっと知りたくなる。
そんなまちの違いがもっといろいろなところで見えるようになってほしい。違いがあってこそまちは楽しいのだ。
[PR]
by mtejima1 | 2005-05-23 23:52
日曜日の夜、閉めている店が少なくない中、淡島通りに先週開店したラテンレストランバー、コスタラティーナは賑やかだった。どこから来たのかと思うほど人が集まっていた。緑の多い通りと一体なった店内はラテン的な熱気を感じさせる。松見坂下の淡島通りに活気がでてくれるとうれしい。
ホームページ用の写真の撮影のついでに、入り口でカメラに収まった。どんな写真がアップされるのか楽しみだ。
[PR]
by mtejima1 | 2005-05-22 23:27 | 駒場
昨夜駒場町会の総会に出席した。50人ほど集まったのだろうか、会場の町会事務所は満員だった。総会の後は懇親会で、来賓として駒場小学校の校長先生から挨拶があるなど、よい交流の機会だ。目黒区では最大規模の町会らしい。
これだけの規模で町会が運営できているのは立派なことだと思うし、地域社会でより重要な役割を担うベースとなる。一般的な話として町会は閉鎖的とのこともいわれるが、オープンなものであることが理解され、行政区域を越えて町会のネットワークができることを期待したい。
[PR]
by mtejima1 | 2005-05-21 20:34 | 駒場

雅叙園(5月20日)

目黒駅から近い目黒雅叙園に目黒法人会総会出席のためでかけた。改めて豪華なホテルだと思う。日本庭園が建物の中に入りこんでいるところが素晴らしい。特にトイレには驚いた。場所が都心から少し離れるので利用しにくいのか、余り知られていないようだ。
ご近所の駒場エミナースと競合することもあるそうで、目黒区で宴会というと、雅叙園か駒場エミナースということになるらしい。
できれば歩いていけるところで用事をすませることができるのが理想だ。
[PR]
by mtejima1 | 2005-05-20 11:19