東大駒場キャンパス周辺・渋谷WESTの地域情報を紹介


by mtejima1
カレンダー

<   2005年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

タイの屋台のような店が先週オープンした。神泉駅から玉川通りに抜ける路地にこれも今年オープンした GEN material という焼酎バーの前の土地にワゴン車を停めて営業している。その名は「チンチンタイ食堂」。プラスチックの容器とスプーンを使い、テイクアウトが基本だが、GEN material の店内に持ち込んで食べることもできる。640円のぶっかけご飯は本格的なタイ屋台の味だった。香辛料がしっかり利いている。営業は月曜から金曜の11から14時まで。タイ料理ファンには絶対お勧めだ。

さて、GEN material というお店はアジアのお茶と焼酎の種類が豊富。営業時間は曜日によって異なるようだが、夕方5時から朝5時までが基本だ。水曜日は休み。夜のことはまたの機会として、ランチのときにタイのスープを出してくれる。これが200円。もちろん食後のアジアのお茶は各種選択できる。半額ということで300円から。そしてこの店の特徴はカウンターの向こうに美容院が見えること。美容院のお客さんは見られることでキレイになるのだろう。
b0013376_14422434.jpg

b0013376_1442558.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2005-03-31 14:44 | お店の紹介
目黒川の桜情報は目黒川日記という別のブログに書いているのだが、そちらのアメブロは今夜から4月1日9時まで工事中で使えないのでこちらに書く。そういえばアメブロのサイバーエージェントの藤田社長(31歳)が今日の昼のテレビに出ていた。奥菜恵の旦那としての方が有名か。ホリエモン以外にもIT企業家の人材は豊富だ。「渋谷の社長日記」というブログを書いているが、当然アメブロなので、4月1日まで見れません。
それはともかく、うちの会社もまあインターネット関係の会社のはしくれ。そんな会社をこれからどうしようかというときに、目黒川の桜情報なんていっててよいのか、という株主のきついおしかりを覚悟での報告。(株主ってだれだ?)昼休みですよ。
目黒川の桜。といっても、大橋から東山橋あたりまでのこと。昨日は蕾みがふくらんでいてピンクの色がちらりと見えるという状態だったのだが、今日は100本の木のうち1枝くらいという割合でわずかに咲き急いだ花があった。フライングというところだろうか。蕾みばかりの中で間違って咲いてしまったという感じ。それにしても桜は何で一斉に花が開くのだろう。不思議なものだ。開花具合をチェックしているような人が何人かいた。誰もが気になることだろう。
b0013376_22371956.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2005-03-30 22:45

桜の名所(3月29日)

桜の蕾がピンクになってきた。もうすぐお花見だ。渋谷WESTで桜の名所というと、松涛公園、駒場公園、駒場野公園、東大駒場キャンパス、そして目黒川ということになる。あまり知られていないお花見スポットとして、池尻の騎兵第一連隊の石碑のあるところをご存知だろうか。以前公務員住宅があったところで、現在空き地になっている土地の片隅にある。西側一帯を見晴らすことができる眺望の素晴らしいところだ。
立派な石碑を守るように桜の巨木があり、静かに花を楽しむことができる。大橋から暗渠になった目黒川が2つに分かれるところを右に行くと高台にぶつかり、そこを左に入るとすぐ右に階段がある。淡島通りからだと駒場学園高校の前で駒場からだと左に入るとたどりつく。
[PR]
by mtejima1 | 2005-03-29 18:50
東大裏から大坂橋までの山手通り沿いに何故かコンビニがない。もともとこの沿道で酒屋などを営んでいた店がなかったためだろう。オフィスビルや高層住宅があって需要はあると思うのだが、1軒もないのだ。この地域はどこも近所のコンビニまで500メートル離れている。あるところには軒を並べるようにしてあるのだが、うまくいかないものだ。各コンビニチェーンはこの地域に目をつけていて、出店計画を立てているのだろうか。新しいビルができるときにその1階がコンビニになることを期待している。どのコンビニからも一番遠いのは松見坂交差点なのだが、周囲にビルが建ちそうな気配がないのは残念だ。
[PR]
by mtejima1 | 2005-03-28 22:09

神泉駅(3月27日)

井の頭線の神泉駅は渋谷駅と駒場東大前駅の間にある。渋谷駅からの距離は1キロないだろう。トンネルを出て踏み切りのある道路を越え、また入るトンネルの中にある駅だ。改札口を出て右側に行くと坂道に出る。左側に行くと、右の階段を降りるか、まっすぐ左の出口に向かうかの選択となる。何気なく利用しているが、この3つの出口のどこを選んでも駅の正面であることを示すものはない。夜この駅を出ると、どこの出口も真っ暗。こんな駅が渋谷の隣にあってよいのか、と思う人もいるかも知れないような、何となく不思議な駅だ。
この駅の近所の理髪店でだいぶ前に聞いた話なのだが、近所の住民は買い物に下北沢まで行くそうだ。歩いて渋谷で買い物をするより、下北沢にいった方が便利なようだ。渋谷では日用品を買いづらいということからなのだろうか。
[PR]
by mtejima1 | 2005-03-27 22:48 | 神泉・円山町・松涛
栄通りの入り口に4つの映画館がある。Bunkamura ル・シネマ1、ル・シネマ2、シネ・アミューズEAST、とWEST。昔の映画館と違って外から映画館があるようには見えない。インターネットなんかで調べて来る人ばかりなのだろう。
その中の一つ、シネ・アミューズで「オペラ座の怪人」を上映しているので先日見に行った。入れ替えなので、順番の早い整理券を受け取り、指定の時間に行ったらよい席に座れた。通路に座る人もいるほど満員だったが、周りから聞こえてきた会話は、「ちいさいねぇ!」。
この4館いずれも狭い。客席の数が130前後だ。有楽町にある日劇PLEXのスクリーン1は948席、渋谷ではシネタワー2が794席だから、入場料は同じでも映画館の大きさはずいぶん違う。隣のル・シネマでやっている映画は小さい映画館で見るのがふさわしいようにも思うが、「オペラ座の怪人」は大画面で見たかった。映画館の大きさにこだわってはいられないのだろうけれど。
[PR]
by mtejima1 | 2005-03-26 22:18
26日土曜日の午後6時半から駒場小学校図書室で「防災の夕べ」が開催される。午後2時から町内での参加呼びかけを行い、6時から受付開始。6時半から7時20分まで、「目黒区はここまで準備している」。7時20分から8時まで、「新潟中越・阪神淡路大地震から学ぶもの」。8時から8時半まで、防災食の試食と防災実技。8時45分から会場を元に戻した上で、小型ポンプの放水を実施。
なお、駒場町会では防災部員を募集している。経験、年齢、性別は問われない。地域コミュニティへの情熱をお持ちの方の参加が期待されている。
[PR]
by mtejima1 | 2005-03-25 16:55
区役所の情報伝達ルートは広報紙と町会長経由の掲示板なのだが、これはなかなか伝わらない。ホームページの情報は詳細を見るのに適しているが、テーマごとの速報性は不充分だ。
そこで、行政サービスでのブログの活用が期待される。そのためにはパソコンよりも簡単な情報機器が必要になるかもしれない。いずれにせよ、ブログの便利さが知られるようになると大きな変化が起こるだろう。今月はヤフーもブログのサービスを開始した。自治体情報が地域社会に伝わりやすくなることで、地域の活性化が進んでほしい。
[PR]
by mtejima1 | 2005-03-24 18:40
地域社会の重要性が高まっているといわれる。一方で地域社会の既存組織には新しい人が入りにくいともいわれている。これはお互いに何を考えているかが分かりにくいことで、敬遠しあうからではないか。近所に住む人たちが、どういうことを考えているかを知り合うことは大切だ。近所でブログを書く人がいると、そのブログにコメントを入れるといい。本名を書かなくても、近所の人だけに通じる名前を使えば、それとなく分かるものだ。そういう形で新しい近所づきあいができるようになるといい。

ブログの世界には中心がない。電子掲示板のような管理者もいらない。トラックバック機能により一つ一つのブログがネットワーク化され、コメント機能で気軽な参加もできるのだ。そんな中で地域社会のオピニオンリーダーが生まれてくるだろう。その人が年長者であるかどうかなどは問題にはならない。

そんな地域社会のブログを議員が読めば民意は分かる。いや、議員も自治体職員もブログに参加すべきなのだ。そこでのやりとりは誰にでも見ることができる。いつでもどこでも議会をやっているようなものだ。個人情報の問題などで、見られて困ることについての配慮は、別途考えればいい。地域社会のブログはその地域では匿名ではないので、問題があれば話し合いで解決ができるのだ。隠し事の多い社会とない社会と、どちらを選ぶかが問われることにもなる。
[PR]
by mtejima1 | 2005-03-23 14:22
円山町に数ヶ月前に開店した中華料理店「龍盛菜館」で昼食を食べた。場所は以前お蕎麦屋さんだったところ。派手な入り口から入ると、調理場から聞こえる言葉は中国語。雰囲気はマレーシアだ。なぜマレーシアかといわれると、個人的にそんな印象だということにすぎないのだが。
ともかくエキゾチック。別に気取りがあるわけではない。家庭料理から宴会料理まで、さまざまなメニューをそろえている。

ランチだからいくつかの定食メニューから選んで食べたのだが、780円という値段で味もボリュームも申し分ない。味がよいので、小食の管理人も残さず食べ、結果的にはいささか腹にもたれるほどとなった。

渋谷WESTで中華料理が食べたくなったときには、この店のメニューの中から食べたいものを選べるだろう。
[PR]
by mtejima1 | 2005-03-22 00:38 | お店の紹介