東大駒場キャンパス周辺・渋谷WESTの地域情報を紹介


by mtejima1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:渋谷( 125 )

6月8日に公開されたばかりの代官山の旧朝倉家住宅を見学にいってきた。雨なのですいているだろうと考えてのことで、広いスペースに先客は4人ほど。ゆっくりと建物と庭園の見学ができた。
急斜面の自然を生かした庭園を見下ろす建物には温泉旅館の趣がある。雑木林の緑が雨に洗われて、この季節ならではといったいろどりが心をなごませてくれた。代官山の観光スポットの目玉になるだろう。特に外国人観光客には喜ばれそうだ。
所在地は猿楽町となっていて管理は渋谷区なのだが、敷地の半分以上は目黒区になる。午前10時から午後6時までの開館で、月曜日が休館となっている。
b0013376_945695.jpg

b0013376_9452277.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2008-06-13 09:54 | 渋谷
14日の副都心線開業により、池袋が“ストロー現象“で客を奪われてしまうとの危機感が出ていると報道されている。東上線、西武池袋線が副都心線に乗り入れするので、新宿や渋谷に客が流れてしまうのではないかとの心配がされているのだ。
今回の副都心線開通では、渋谷は地中船と呼ばれる安藤忠雄氏デザインの地下駅が名物となって、プラスの効果が大きいだろうが、4年後に東横線が副都心線に乗り入れるようになると現在の池袋の立場になりかねない。東横線の乗客が直接新宿3丁目に流れてしまう可能性があるし、副都心線で渋谷駅を通過し、代官山、中目黒、自由が丘に向かう若い客も出てくるだろう。代官山から中目黒にかけて大規模な再開発計画が進んでいる。
2012年には東急文化会館の跡地にミュージカル劇場を含む商業施設をもつ地上33階のビルが完成する。延床面積143千平米でマークシティ全体の139千平米を上回る。続いてデッキ等の関連工事が2012年から2017年にかけて実施されるとのことだ。それに合わせてJR駅に隣接する現在の東横線渋谷駅活用の問題が浮き上がる。埼京線の駅をそこに移すとの案もあるらしい。高層ビルがいくつもできて、そこに人が集まれば、街は発展することにはなる。しかし、日本の人口は減るのだ。東京圏だってもうピークだろう。個人消費の拡大がそんなに期待できるものだろうか。
工事中の街は敬遠される。だから2012年で渋谷のインフラは完成ということにして、それからは今あるスペースの充実に向かってほしい。高層建築に渋谷らしさは期待できないし、駅ビルだけで用が足りる街にはなってほしくない。
[PR]
by mtejima1 | 2008-06-11 10:35 | 渋谷
9日の午後、14日の副都心線開業を記念して「まちづくりシンポジウム」がセルリアンタワー東急ホテルで開催された。主催はNPO法人渋谷駅周辺地区まちづくり協議会。
まず主催者から渋谷の特長として、ソフト・カルチャー系ビジネスが集積しファッションリーダー都市として国内外から注目されている一方、2004年から2007年にかけて仕事以外での来街者が15%減っているといった調査結果が報告された。
続いてシブヤ経済新聞編集長をコーディネーターとして、5人の渋谷で活動されているパネリストの方々によるシンポジウム。坂のある路面店の街、音楽とファッションの街として渋谷ブランドを世界に発信していこう、という点が共通するところか。
ただ、具体的なことになると、渋谷・青山地区、桜丘周辺地区、渋谷駅前地区、道玄坂周辺地区、渋谷・東地区など、それぞれの地域ごとに活動をしていくことが必要となる。まちづくりの担い手をどこでどれだけ育てるかの競争になりそうだ。どのストリートが元気になるのかということだ。誰かが計画的に渋谷全体を設計するわけにはいかない。
渋谷WESTでは、ランブリングストリートを軸とするまちづくりを応援していく。
[PR]
by mtejima1 | 2008-06-10 10:34 | 渋谷
渋谷百軒店は、渋谷近辺のある程度の年齢の人ならほとんど誰でも知っているのだが、若い人だと知らない人の方が多いようだ。
昨日、千代田稲荷神社の社務所の2階で行われた「百軒店げんきプロジェクト」の会議で、ある劇作家による企画が紹介された。その中に「百軒店は2つの崖で守られているように見えます。1000人のうち900人はこの崖を越えて来ないでしょう。残る100人のうち90人はラブホテルに行ってしまうでしょう。残る10人は、ひっそりとした楽しみを求めてこの町に来るのだと感じます」というのがあった。この土地の特長をうまく表現している。
この崖の上の、ラブホテルの後ろに隠された平坦な一角は、崖下のにぎわいとは無縁の静けさのある神秘的ともいえる空間なのだ。その静けさは、限られた坂を上がる入り口が、気軽に中に入ることを許さない雰囲気ともいえる。
その心理をとらえて、崖の上にある「行ってはいけない街」というアピールをしてはどうかとの案も出てきた。行ってはいけない街を探検してみよう、という好奇心をくすぐられて来る人たちが出てくるかもしれない。
[PR]
by mtejima1 | 2008-06-09 11:07 | 渋谷
代官山の旧山手通り沿い、ヒルサイドテラスの裏手にある旧朝倉邸が、6月8日から一般公開される。
旧朝倉邸は大正9年に建てられた木造建築で、江戸時代からこの地で事業をし、現在もヒルサイドテラスなどの経営をしている朝倉家の住居だったところだ。駒場公園にある旧前田侯爵邸和館は昭和5年の建築だからそれより古い。
戦後中央官庁渋谷会議所となり、平成10年の国有財産情報公開・売却等促進連絡会議の要請により、平成14年に競売にかけられる可能性が出た。それ知った地元有志による保存運動が始まり、平成16年には「東京中心部に残る数少ない大正期の和風住宅」として国の重要文化財に指定された。そして保存運動開始から6年の歳月を経ていよいよ一般公開の運びとなったわけだ。
雑誌の特集なんかで紹介されるだろうし、6月14日に開業する副都心線の渋谷駅の見物がてら代官山に来る人たちで混雑しそうだ。入館料は100円となっている。
b0013376_8574516.jpg

b0013376_8573225.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2008-06-07 08:58 | 渋谷
渋谷百軒店に人通りが少なくなったのはバブル崩壊後の平成4年ごろからなのだそうだ。特に風俗の街のイメージができてから人通りが途絶えてしまったとのこと。マークシティのEAST-MALLとWEST-MALLの間にある、井の頭線渋谷駅西口出口からBunkamuraへの最短ルートとして、百軒店を抜けることを知る人はどれだけいるのだろう。道玄坂の丘の上にある百軒店商店街は、今やラブホテルと風俗の街というのが若い人たちの常識のようだが、その深層に渋谷の歴史があることをアピールしなくてはならない。今のようになってしまったのはこの10年のことにすぎないといわれる。栄通り方面に抜ける回遊路として、この高台の土地が生まれ変ることが渋谷全体のイメージアップにも不可欠ともいえるだろう。
渋谷のこれからは、百軒店に現在も残る、さりげなく昭和の雰囲気を伝える店に加え、若いアーティストたちが集まる店が次々に開店し、文化芸術の街の担い手となってほしい。
そんな舞台の楽屋の食事場といった感じの店「ファミリー」は、ボリュームたっぷりのお好み焼きを食べながら、静かに語らう場所といえる。しゃれたダイニング・バーでも、居酒屋でもない、食事場であり休憩室といった店なのだ。こんな店、今ではめずらしい存在なのかもしれないが、数人での打ち合わせや、一人での食事に使い勝手がよいと思う。
b0013376_1043160.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2008-06-06 10:43 | 渋谷
今日は「渋谷・鹿児島おはら祭り」が開催された。今年で第11回目だそうだ。何で渋谷で鹿児島?という声もあるようだが、献身的に活動されている鹿児島県人の方々は少なくない。薩摩が江戸に入ってきたことを記念するわけでもないのだろうが、今年は「平成の篤姫さん行列」なんかもあったらしい。いずれにしても109を中心として道玄坂に鹿児島県各地の地名が並ぶと、何となく薩摩に制圧された江戸という印象だった。宮崎県や熊本県出身の人にはおもしろくないということもあるそうだ。福島県出身の人たちもそうなのだろう。
鹿児島の祭りではない渋谷のお祭りは9月の金王八幡宮のお祭り。このときは渋谷の中心地区にある各町会の神輿が出てより多くの人出がある。その時に百軒店商店街でも独自のお祭りをやる。今年は第4回となる。現在企画を進めているところなのだが、今年は百軒店内部の人たちだけでなく、外部の人たちもボランティアで企画に参加している。今日その企画会議をやったのだが、すぐそばでおはら祭りをやっている最中にそんなことをするのは不謹慎とはいわせない。渋谷の祭りは鹿児島の祭りよりもっと魅力的にしよう、ということで、おはら祭りがよい刺激になるといい。
[PR]
by mtejima1 | 2008-05-18 21:45 | 渋谷
世界の聖火リレーですっかりおなじみになったチベットの旗が代々木公園ケヤキ並木奥の屋外ステージ前に集まるという情報があった。神宮外苑にある日本青年館でチベット・サポート・ネットワーク・ジャパン(TSNJ)とセーブ・チベット・ネットワーク(SCN)が共同で集会を行い、そこから青山通り・表参道をデモ行進して屋外ステージに着くというものだ。
それなら、ということで取材?に行ってきた。テレビで見慣れた旗が振られ「フリー・チベット!」「フリー・ウイグル!」「フリー・インナーモンゴル!」とじゅんぐりにシュプレヒコールを上げて、およそ5分おきに100名程度のグループのデモ隊が到着するのを迎えた。
デモの参加者は主催者発表による4千人以上との報道されているが、代々木公園の屋外ステージに集まったのは2千人ほどになるのだろうか。政治集会としては節度のあるものと感じた。ビラを配る人もいなかったし。「チベット人の人権守れ!」というのが主な主張だったように思う。お坊さんの多いのが特徴だったかもしれない。集会を見物に来る人は余り見かけなかったから、さまざまな評価ができるだろう。
胡錦濤国家主席の訪日は聖火リレー後世界で初めての海外訪問ということで、世界のメディアが注目しているそうだ。BBCのホームページには「小規模な親チベットの抗議があったが、逮捕者は報告されていない」とある。この程度ではものたりなかったか。中国外務省は「チベット独立勢力の妨害行為は日中関係の発展をとめられない」と不快感を示したとされている(TBS)。NHKのニュースの印象は、ちゃんと親チベットの行動がありましたよ、という報道スタンス。現場を見たことをどう扱うかについて、メディア報道の舞台裏を想像することが楽しみの一つにもなりそうだ。
b0013376_9341732.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2008-05-07 09:34 | 渋谷
代々木公園ケヤキ並木でフラワーフェスティバルをやっているというので見にいった。先日のアースデイ東京と比較するまでもないのだが、NHK放送センター前広場でやっている「渋谷DEどーも」の一部のようでもあった。目玉は写真の花びらで作った鯉のぼりなんだろう。
b0013376_19511630.jpg

休日の渋谷は人通りが多いのだが、そんな中、Bunkamura前に機動隊の車が止まっていた。何か事件でもあったかと思ったら、映画「靖国」を上映しているためだった。シネ・アミューズってここだったかと思い出した。映画館の名前がなかなか覚えられない。
この映画、上映中止をしたことがかえって宣伝になり、結果として興行成績が上がるようなことにもなるのだろうか。
b0013376_19504973.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2008-05-05 19:51 | 渋谷
渋谷WESTのエリアはランブリングストリートから西側一帯としている。文化・芸術のまちということで、東大駒場キャンパスからランブリングストリートのライブハウスが集まる場所までとしたわけだ。渋谷の雑踏から少しはずれたまちということでもある。
そう決めてサイトを立ち上げてからもう6年にもなるのだが、最近になって2月24日のエントリーで紹介した百軒店商店会の新しい動きが始まり、それが実現したら渋谷WESTの範囲を変えなくてはいけないかと考えている。
しぶや百軒店の入り口は写真のアーチが道玄坂とランブリングストリートに2箇所にある。渋谷区からの補助金を得て設置したものなのだそうだ。しかし、このアーチは「良い子はここから先に入ってはいけません」という意味だと教えられている。そう女子大生に言われてしまったと商店会長は嘆く。入り口付近の眺めは、そこから奥に入ることをためらう人がいるのもやむを得ないだろう。ただ、その中に、神社やライオンという歴史ある名曲喫茶などのあることが発見される機会も失われているとすれば残念なことだ。
百軒店商店会は家族で営業している店が多く、そういう意味でも渋谷の中心部とみなすより渋谷WESTにした方がよいのかも知れない。
b0013376_19421833.jpg

b0013376_19423537.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2008-04-23 19:42 | 渋谷