東大駒場キャンパス周辺・渋谷WESTの地域情報を紹介


by mtejima1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:神泉・円山町・松涛( 147 )

25日に第3回円山まちづくり勉強会が開催された。それに伴いホームページも公開されている。http://sites.google.com/site/maruyamacho/
そのホームページにランブリングストリートのイメージパースと立体模型が掲載されているが、たたき台とでもいうものだろう。関係者でこれから勉強会を開催するにあたってのアイディアのようだ。ランブリングストリートはどこでも横断できる道というのがコンセプトになるのか、人が道路をわたり、しかも歩行者専用ではないということも示すかのように車が走っている。
イメージパースとは矛盾するのだが、立体模型ではEスペースタワーより高い超高層ビルをランブリングストリートに沿ってそびえ立つ。ラブホテルがランブリングストリートからは消滅するということになるのだろうか。
円山町現況写真集というのも充実していて、現在の街の雰囲気が伝わる。
こうしたアイディアの段階からホームページで公開して誰が見るのかとも思うが、広く関心を集めることができれば、海外を含む出資者などで思わぬ効果が出てくるかもしれない。世界中のアーティストが滞在する円山町となるのも夢ではなくなってきた。
渋谷駅周辺の再開発は固まってきているが、円山町はこれから。期待をもって見守りたい。
[PR]
by mtejima1 | 2008-09-26 08:56 | 神泉・円山町・松涛
「自民党総裁選から一夜明けた23日朝、麻生太郎総裁は東京・神山町の私邸周辺を約30分間、ウォーキングした。
 麻生氏は紺色の帽子にサングラスをかけ、上がグレー、下が紺色のスポーツウエア姿。警護官が周囲を警戒する中、速足で歩き、近くの公園内では軽くジョギングも。近所の人とあいさつを交わす場面も見られた。」

というのは9月23日12時1分の時事通信ニュース。近くの公園というのは松涛公園だろう。距離的には代々木公園もあり得るが、松涛公園の方が人目は少ない。30分の目立たないウォーキングコースなら見当もつけられる。麻生総裁のご近所の安部前総理だと代々木公園の方が近いので、そちら方面でウォーキングをしているのだろうか。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2008092300208

写真は冬の松涛公園
b0013376_1393138.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2008-09-23 13:09 | 神泉・円山町・松涛

Club asia(9月22日)

bunkamura から坂を上がるランブリング・ストリートの百軒店商店街入り口の前にあるclub asia は、レゲエ、テクノ、ロックといった若い人たちを対象とするライブの会場という印象があるが、昨夜は2人の亡命チベット人アーティストによるワールドミュージックとでもいう分野のコンサートが開催された。ダライラマの肖像がステージの端に置かれた独特のスタイルで、客席は座布団に座るのがメイン。その桟敷は満員で、後ろには立ち見客が3列位並ぶというもの。満員の会場の中で、聴衆もチベット語で歌うという雰囲気は遠い世界に来たようでもあった。画面に映し出されていたのはチベットからネパールへ亡命する子供たちの映像。聴衆も亡命者なのだろう。アメリカとインドから来たとはいえ、日本在住のチベット人にとっては故国のアーティストたちだ。
三味線に似た楽器や日本民謡のような発声はアジアの音楽であり、それは複雑な事情を超えて日本人の心ともつながることのできるものかもしれない。
Club asiaがその名の通り、アジア人たちのための会場になったのようだが、そうしたイベントをこれからもチェックすることにしよう。
なお、10月17日(金)から11月9日(日)にかけては代官山で、FEEL TIBET(代官山iスタジオ)、ミッシング・ピース東京展(代官山ヒルサイドテラス)が開催され、チベットに関わる展示、講演、ビデオ上映、体験レッスン、試食、グッズ販売がある。
[PR]
by mtejima1 | 2008-09-22 18:49 | 神泉・円山町・松涛
昨日は渋谷金王八幡宮の祭礼で12の町会からお神輿が出た。午後2時に109の前に集合して、夜8時にそれぞれの町会の出発地に帰るというものだ。だから集合場所に行くまでの時間を入れると、ほぼ7時間に渡って神輿がかつがれたことになる。途中休憩が何度も入るわけだが、担ぎ手にとってはかなりの運動になる。
神泉仲通沿いの神栄会では夜の10時45分まで、神泉仲通にしつらえたお神酒所前で神輿が担がれていたから、この町会の場合はなんと10時間近くも神輿と共に掛け声をかけていたことになる。

神社の祭りは文化祭、何とかフェスティバルとは違う。同じ日に開催された目黒区のSUN祭りがマスメディアで報道されても、金王八幡宮の祭りが報道されないのは、町会ごとの参加で、一般の人たちには関係がないからなのだろう。阿波踊りやヨサコイは見せるためのものでもあるが、神輿は担ぐ人たちのためのものといってよい。見物する人はほとんどなく、神輿の通る道玄坂や文化村通りは神輿の時間が終わってから賑わいだしたことでもわかる。日本中どこでも見ることのできる神輿なので、それが渋谷であっても広いエリアと対象に報道する価値は認められないのだろう。つい先日自民党総裁候補5人が渋谷駅前で一緒に街頭演説をしたときに、ヘリコプターが何機も飛んで報道されたのとは大きく異なる。
しかしそれぞれの地域社会にとっては年に一度のハレの舞台だ。各お神酒所で休憩する担ぎ手を接待する町会の長老たちにとっては、正月よりも重要な時のようだ。
写真は百軒店で撮影したものだけが様になっていたのは坂と道幅のためだろうか。
b0013376_10515536.jpg
b0013376_10521097.jpg
b0013376_10522191.jpg
b0013376_105234100.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2008-09-15 10:52 | 神泉・円山町・松涛
スウェーデンの女性が円山町のラブホテルを取材したときの印象を語った映像が、円山町のホームページにある「渋谷のシンソウ」で紹介されている。狭い地域にラブホテルが密集しているということは日本人でも印象的なのだが、外国人の方が純粋な好奇心の対象になるはずだ。外国人の目で円山町のホテル街を見るといつもとはちがった風景が見えてくるかもしれない。


[PR]
by mtejima1 | 2008-09-13 19:36 | 神泉・円山町・松涛
ライフスタイルプロデューサーで京都出身の浜野安宏さんの談話がYouTubeにアップされている。渋谷のシンソウというのは円山町ドットコムというサイトに掲載していたものだが、YouTubeの方がアクセスしやすい。制作・著作は山中豆腐店という慶応の学生サークルだが、現在も活動しているのかどうかは定かでない。
円山町は道玄坂2丁目という地名ができるまでは百軒店周辺も含んでいたし、道玄坂上の表通りも円山町。しかし、現在の円山町会の範囲は井の頭線のトンネルを境にしてほぼ北半分となっている。地域社会は地図ではわからない町会単位で動いているのだ。
さて、浜野安宏さんは1941年の京都生まれ。同じ年に大阪で生まれた安藤忠夫さんは副都心線渋谷駅を設計し、これからも渋谷駅再開発に関わるかもしれない。浜野さんにはシネマコンプレックスQ-AXビルに続いて、円山町から百軒店にかけての仕事をされることを期待したい。円山町再開発プロジェクトは静かに進んでいる。



[PR]
by mtejima1 | 2008-09-12 09:36 | 神泉・円山町・松涛
9月21日(日)の午後6時から、ランブリングストリートのClub Asia で、サンフランシスコ在住のテチュンとインド在住のペムシのコンサートが行われる。2人は亡命チベット人アーティストで、それぞれ別々にグローバルな活躍をしている。日本からは遠い世界のことのようだが、百軒店商店会の副会長がその仕事をしていると聞くと、ぐっと身近になる。こんなとき、従来だと、どんなアーティストなのか見当もつかなかったのだが、今はYouTubeの時代。検索するとちゃんと出てくるので、その映像を見てよさそうだと思えば、コンサートにいけばよいから安心だ。
渋谷WESTは世界のアーティストが集まってくる街で、どんな人が来るのかチェックしきれないほど。10月12日から13日にかけては国際口琴フェスティバルというのが同じくランブリングストリートのO-nestであって、ロシアサハ共和国、キルギス、シチリアからもアーティストが来日する。
有名かどうかで評価するのではなく、YouTubeで自分の好みを確認しながら掘り出し物を発見できるのは素晴らしい。有名アーティストだとチケットも高いが、そうでなければ手頃な価格になるのだし、楽しみの範囲も広がるだろう。
2人のチベット人アーティストのコンサート、Heart of Tibet はhttp://save-tibet.net/action/05.html で申し込むことができる。
テチュン(Techung)の映像の一つに以下のものがあるが、ペムシ(Pemsi)の映像もYouTubeで検索すると閲覧ができる。


[PR]
by mtejima1 | 2008-09-08 14:04 | 神泉・円山町・松涛
来週の日曜日、9月14日は渋谷金王八幡の例大祭ということで、渋谷駅周辺が神輿でにぎわう。しかし、神社のお祭りだから宗教行事になるそうで、行政の後援などはないらしい。商店会ごとに神輿を出すお祭りということになる。
同じ日に目黒区民祭り(SUNまつり)が開催されるが、こちらは神社とは関係がないということで、税金が投入されて実施される。気仙沼のさんまを焼いて食べさせるさんま祭りが名物だ。
渋谷区でも11月に代々木公園で区民祭りがある。こちらは、区内各団体の発表会的な色彩が強い。お祭りは見物は楽しいが運営する方は大変だ。その人手は足りないから、同じ顔ぶれがあちこちで活躍することになる。
そんなことはともかく、金王八幡例大祭の神輿の列はすごい。でも残念ながら担ぎ手の多くは群馬県など地方から来るボランティアなのだそうだ。住民の数は限られているから止むを得ないが、それでも店の従業員が手伝ったりするようにもなっているという。また映像を見ることもできるようになっ
ているので、昨年の映像の一つをリンクさせた。
神輿の出るのが日本の祭りだという気持ちは多くの人にあるだろう。いつかはその担ぎ手が渋谷で働く人たちになってほしいと思うのだが。



[PR]
by mtejima1 | 2008-09-07 11:53 | 神泉・円山町・松涛
松涛の能楽堂の向かいに3階建てのマンションが建つようで、建物の解体工事がほぼ終わっていた。それまでどんな建物があったのか記憶になかったのだが、グーグルのストリートビューで見ると、解体前の様子を見ることができる。
工事は今年の11月に始まり、平成22年6月完成予定となっている。予定通り工事が始まらないケースが多いのだが、野村不動産がディベロッパーなのでそう狂いはないだろう。
すぐそばに出来る全21戸の高級マンション「プラウド松涛」は完売済で、9月に入居となるようだ。土地の有効利用ということで、松涛一帯では、3階建て高級マンションの建設が進み、これまで以上に高級住宅地となっていきそうだ。
b0013376_13103164.jpg
b0013376_13105036.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2008-08-31 13:11 | 神泉・円山町・松涛
携帯電話をもっていれば公衆電話を使う必要はまずない。それでも電話ボックスは健在だ。旧山手通りと神泉仲通の交差点側に以前から電話ボックスがあったのかどうか記憶にはないが、最近その存在に気づいた。でもこんなところに何故という思いがする。どうせなら淡島通りとの交差点か栄通りとの交差点にあった方がよいような気がするのだが、その中間地点の交差点側にあるのだ。人通りはいつも少ない。公衆電話の所在地マップはNTTでは公開していないそうだが、渋谷WESTの公衆電話マップでもつくってグーグルマップに貼り付けるのもよいかも知れない。ともかくどこにあるかだけは調べておこう。
b0013376_1085766.jpg

[PR]
by mtejima1 | 2008-08-27 10:09 | 神泉・円山町・松涛