東大駒場キャンパス周辺・渋谷WESTの地域情報を紹介


by mtejima1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

渋谷文化プロジェクトから(5月26日)

80年代以降の渋谷の変化を社会学的な視点から見つめてきた三浦展さんとのインタビューを『渋谷文化プロジェクト』が掲載している。ちょっとコメントをつけてみた。

「渋谷駅周辺で自分がオーナーとして商売を営む店は2軒しかないらしいですよ。他のオーナーは、テナントとして貸し出して、別の場所に住んでいるんですね。すると、街に愛着が湧きにくいから、景観なんて無関係にどんな店舗でも入れちゃえということになる。」

渋谷駅周辺はチェーン店が多い。スペースは賃貸でも店のオーナーの顔が見えることが大切だと思う。地主が商売をやることを期待するのは難しい。

「最近、僕もBunkamuraでコンサートなどを観る機会が多く、その後、ちょっと寄り道したいと思っても、入りたい店がないから帰ってしまう。やはり若者が集まる騒々しい店は避けたいと思うんですよね。」

そのとおりなのだが、Bunkamuraから文化村通りを通って渋谷駅に向かうのではなく神泉駅を使うか、ランブリングストリートを通ってマークシティから駅に行くようにするとよい。寄り道する店はいくらでもあると思うが。

「中華でもイタリアンでもいいから、美味しくて、落ち着いた雰囲気のある飲食店がもっと増えるといいよね。」

渋谷は若者の街。でも若者の絶対数が減るから若者の街では衰退してしまうかもしれない。
若者の街の特徴を残しながら、駒場キャンパス方向に落ち着いた大人の街並みができ、そこにはすでにあるそうした雰囲気の飲食店が増えて行くのがよいのではないか。

「ファッションはもちろん、各種コンテンツのデザインを手がける街として育ってほしいですね。そして、住宅メーカーやゼネコン、家具メーカーなど、さまざまな業界の設計部やデザイン部がオフィスを構えるような街になるといい。」

XSHIBUYAというデザイナーの地域プラットホームが、東京商工会議所渋谷支部の支援でできている。オフィスを構える箱となる雰囲気のあるビルが、道玄坂上方面にこれから建設されることを期待したい。
[PR]
by mtejima1 | 2007-05-26 10:29 | 渋谷