東大駒場キャンパス周辺・渋谷WESTの地域情報を紹介


by mtejima1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

道玄坂の石畳(12月21日)

渋谷駅前のスクランブル交差店を超えて山手線の内側の渋谷1丁目に行くには、道玄坂を下る方が早いと思い、マークシティには入らず石畳を歩いた。この石畳何年前のものだろうか。50年以上前のものということもある得るかもしれない。ともかくでこぼこしていて歩きにくい。かつて渋谷のメインストリートは公園通りでもセンター街でもなく道玄坂だったのだが、この歩道が道玄坂は歴史的な街だと語りかけているようだ。
それはともかく、この歩きにくさ、ハイヒールをはいている女性にはどうなのだろうかと、ちょっとはいて試してみたい誘惑にかられた。それほどのでこぼこだ。今更なにを、ということになるのかもしれないのだが、道玄坂を歩くときは運動靴をはいていることが多い。革靴の時はマークシティに入ってしまうので関係がないわけだ。そんなわけで革靴で歩いて改めてでこぼこを痛感したのだ。
歩道の修理は通行の妨げになるから、その期間人の流れが減り、店としては痛し痒しだろう。そんなことで放置されているのか。
そうはいっても、昔ながらの石畳のままの方がよい、これから100年そのままであってほしい。多少の歩きよさより、歴史的街並みを残した方がよい、という考えもありそうだ。そうすればなによりも金がかからない。日本の街はともかく、世界の大都市の石畳にもでこぼこがあるのかもしれない。どなたかご教示いただけないだろうか。
[PR]
by mtejima1 | 2006-12-21 23:46 | 渋谷